theo-construction

COLUMN

コラム

【河川工事】:安全と環境保全を両立するには?【施工管理技士】の役割と専門性

【河川工事】:安全と環境保全を両立するには?【施工管理技士】の役割と専門性。

はじめに

河川工事は、洪水被害を防ぎ、地域住民の安全と生活を守るために重要な役割を担っています。施工管理技士は、専門知識と経験を活かして、安全性の確保と環境保全に配慮しながら、河川工事を円滑に進めるために重要な役割を果たします。

この記事では、河川工事における施工管理技士の役割と専門性について、護岸工事、樋門工事、地すべり防止工事、床止め(床固め)工事それぞれの特徴と課題を踏まえて詳しく解説します。

1. 河川工事の種類と特徴

1.1 河川工事の分類

河川工事は、大きく分けて以下の4種類に分類されます。

  • 護岸工事:基礎工と法覆工で構成され、河岸や堤防を流水に伴う浸食や洗堀から保護する。河川堤防の補強や築堤などを行い、河川の氾濫を防ぐ工事。
  • 樋門工事:樋門は堤防内や水田の水が水路を流れて河川に合流する位置に設置されるゲートで、流水のオーバーフローを調整するための施設を建設する工事。
  • 地すべり防止工事:流水による河岸の崩壊を防ぐ工事で、地形などの自然条件を変化させる抑制工と杭やアンカーなどを設置して抵抗力を向上させる抑止工がある。
  • 床止め(床固め)工事:流水による河床(河底)の洗堀(浸食)を防ぐため、河川を横断して川床の勾配を安定させる施設を設置する工事。

1.2 各工事の特徴

護岸工事
  • 規模や工法が様々で、現場の状況に応じた柔軟な対応が必要。
  • 河川環境への影響に配慮する必要がある。
樋門工事
  • 構造計算や水理学に関する専門知識が必要。
  • 周辺環境との景観に配慮する必要がある。
地すべり防止工事
  • 地質調査や地盤調査に基づいた安定した施工計画の作成が必要。
  • 植生復旧による環境保全が重要。
床止め(床固め)工事
  • 河川環境への影響を最小限に抑える必要がある。
  • 洪水時の安全性を確保する必要がある。

2. 河川工事における施工管理技士の役割

2.1 安全性の確保

施工管理技士は、工事関係者や周辺住民の安全を守るために、以下のような業務を行います。

  • 安全計画の作成
  • 安全教育の実施
  • 安全設備の点検
  • 作業環境の監視
  • 安全に関する書類作成

2.2 工程管理

施工管理技士は、工事が計画通りに進められるように、以下のような業務を行います。

  • 工程表の作成
  • 資材調達の管理
  • 作業員の指導
  • 工程の進捗管理
  • 工程表に基づいた各種書類作成

2.3 品質管理

施工管理技士は、工事が仕様通りに完成するように、以下のような業務を行います。

  • 品質管理計画の作成
  • 材料・製品の検査
  • 施工方法の指導
  • 品質検査の実施
  • 品質管理に関する各種書類作成

2.4 環境保全

施工管理技士は、環境への影響を最小限に抑えるために、以下のような業務を行います。

  • 騒音・振動対策
  • 水質汚染対策
  • 植生保護
  • 環境保全に関する各種書類作成

3. 護岸工事における施工管理技士の専門性

3.1 河川環境への配慮

護岸工事では、工事による河川環境への影響を最小限に抑える専門知識が必要です。

  • 生息する動植物への影響評価
  • 水質保全対策
  • 工事後の植生復旧

3.2 護岸工法の選定

護岸工事には、様々な工法があり、現場の状況に応じた最適な工法を選択する必要があります。

  • 石積み護岸
  • コンクリート護岸
  • 生態護岸

4. 樋門工事における施工管理技士の専門性

4.1 構造計算

樋門工事は、洪水時の水圧に耐えられるよう、高度な構造計算技術が必要です。

  • 水理学に関する専門知識
  • 構造物の設計
  • 施工方法の検討

4.2 景観への配慮

樋門工事は、景観に大きな影響を与える可能性があります。

  • 周辺環境との調和を考慮した設計
  • 景観に配慮した材料の選定

5. 地すべり防止工事における施工管理技士の専門性

5.1 地質・地盤調査

地すべり防止工事では、地質・地盤調査に基づいた安定した施工計画の作成が必要となります。

  • 地質調査
  • 地盤調査
  • 地震・降雨の影響分析

5.2 植生復旧

地すべり防止工事では、工事後の植生復旧による環境保全が重要となります。

  • 植生復旧計画の作成
  • 苗木の選定・植栽
  • 植生管理

6. 床止め(床固め)工事における施工管理技士の専門性

6.1 河川環境への配慮

床止め(床固め)工事では、工事による河川環境への影響を最小限に抑える専門知識が必要です。

  • 生息する動植物への影響評価
  • 水質保全対策
  • 工事後の植生復旧

6.2 河床の安定化

床止め(床固め)工事は、河床の侵食を防ぎ、河川の流れを安定させるために、高度な技術が必要です。

  • 床止め工法の選定
  • 材料・資材の選定
  • 施工方法の検討
【河川工事】:安全と環境保全を両立するには?【施工管理技士】の役割と専門性。
【河川工事】:安全と環境保全を両立するには?【施工管理技士】の役割と専門性。

7. まとめ

河川工事は、安全性と環境保全の両立が求められる難易度の高いプロジェクトです。施工管理技士は、専門知識と経験を活かして、安全性を確保しながら、工期と予算を守り、環境に配慮した河川工事を完成させるために重要な役割を果たします。

関連記事一覧

関連求人一覧

ご登録・お問い合わせはこちら

050-5482-3847

受付時間 9:00〜18:00